スポンサーリンク

バターコーヒーファミマの通販情報!効果と口コミも紹介!

未分類

「バターコーヒー」って最近よく耳にしませんか。

ダイエットに効果が期待できるとして人気になっていますが、ファミマでも購入することができ、人気の商品の一つとなっているようです。

そこで、春に向けてダイエットを考えている人の参考に通販でも買えるのかなど調べてみました。

スポンサーリンク

ファミマのバターコーヒー通販情報

ファミマのバターコーヒーはお手軽に飲めるので、バターコーヒーを始めるには便利ですよね。

通販で入手できれば「せっかくお店まで来たのに売り切れていた」なんてこともないので便利ですよね。

ということで、ファミマのバターコーヒー、通販で購入できるか調べてみました。

楽天やAmazonで調べてみましたが、残念ながら発見できず・・・。

店頭で買うしか手段はないようです。

忙しくてお店まで行くのが面倒だったり時間がなかったりすることもあると思いますが、行ったら2,3,4本?くらい勇気を出してまとめ買いするか、毎日お店に買いに行くしかないようです。

スポンサーリンク

バターコーヒーとは

バターコーヒーとは、読んで字のごとくバターを入れたコーヒーです。アメリカで誕生しました。

このバターコーヒーがアメリカで注目されたのは、『THE BULLETPROOF DIET(完全無欠ダイエット)』という本で、バレットプルーフ・コーヒーとして紹介されたことに端を発します。

著者はシリコンバレーのIT企業家・デイヴ・アスプリー氏。チベットを旅していた際に出合った「バター茶」を参考に開発したそうです。

「バター茶」とは、牛の仲間でチベット人の生活には欠かせない家畜・ヤクの乳から作ったバターと塩をお茶に入れて飲むお茶で、チベットでは伝統的な飲み方だそうです。

乳製品の持つ栄養価とお茶の成分は、厳しい山岳地帯で生活するチベットの人たちの大事な栄養源だったのです。アメリカではダイエットというより、新しい健康ブームとして話題になりました。

で、このバターコーヒーを朝食に置き換えて毎朝1杯飲んでいた人たちから「脳が活性化される」とか「バターコーヒーを飲むと食欲が抑えられてダイエットにいい」とか「少量でも元気が出る」などの声が上がり、ダイエット効果が期待できるのでは!とブームになったようです。

スポンサーリンク

ファミマでしか買えない人気商品

「あなたと、コンビに、ファミリーマート」でお馴染みのコンビニエンスストア・ファミリーマート。

今は業界2位の規模を誇り、お弁当類が美味しい、パンが安い、ファミチキを始め揚げ物が豊富、おにぎりが充実している、無印良品があったり、総菜やおつまみなどの少量パックの品揃え(ファミデリカ)が豊富だったりして人気のコンビニです。

「来るたびに楽しい発見があって、新鮮さにあふれたコンビニ」、“Fun&Fresh”をスローガンにしていて、お客さまの気持ちにいちばん近い存在になることを目指しているそうです。

そんな品揃えの中に、糖質ゼロ、MCTオイル使用、グラスフェッドバター使用の「バターコーヒー」がさらに飲みやすくなってファミマ限定・数量限定で新登場!になりました。

ということで、近くのファミマに走ってみました!

ありました!「バターコーヒー」と「バターコーヒースイート」♪

販売者はドトールコーヒーでした。

「Butter Coffeeとは、グラスフェッドバターやMTCオイルに含まれる良質のオイルを手軽に摂取できるこだわりのドリンクです」との表示があります。

ちなみに、MTCオイルのMTCとは、中鎖脂肪酸が主成分で、ココナッツやパーム油に含まれる天然成分のこと。一般的な油より消化・吸収、そしてエネルギーになりやすいのが特徴で、スポーツ分野や医療現場での栄養補給のほか、生活習慣病の予防にも利用されているそうです。
脳の栄養不足改善にも利用が期待されてもいるそうです。スゴイですね!

グラスフェッドバター(グラス/草 フェッド/エサ)とは、牧草で育った牛の乳から作ったバターです。一般的なバターは、穀物もエサに含まれているそうで、グラスフェッドバターの方が栄養価が高く、健康志向の高い人に人気があるとのこと。
※パッケージには牧草が十分に生育していない場合は一時的に補助的な穀物飼料を与えることがありますとの但し書きがありました。

そんなMTCオイルやグラスフェッドバター入りバターコーヒー、飲んでみました。

普段はブラックコーヒーを飲んでいます。

まずはノーマルなバターコーヒーから。バターのしつこさみたいなのは全く感じず、どちらかというとカフェオレのような感じ。

バターが乳製品のせいもあるからでしょうか、言われなければバター感は余り感じません。飲み口のサラッとした感じで飲みやすいです。

後味に“乳製品”を感じます。口の中に残る感じです。

バターコーヒースイートのお味はどんなでしょう・・・。

確かに優しい甘さを感じます。口当たりもバターコーヒー同様サラリとした感じ。とても飲みやすいです。

で、不思議なのが、栄養成分的には二つとも同じなんです。スイートの甘味はどこからくるのでしょう・・・。

内容量/とちらも240ml   どちらも198円(税込み)

栄養成分表示(100ml)当たり
エネルギー/66キロカロリー
炭水化物/0.6グラム
たんぱく質/0.4グラム
一糖類/0グラム
脂質/6.9グラム
食塩相当量/0.09グラム

となっています。

コーヒーの苦みみたいなものはあまり感じないので、苦手という人も挑戦してみてはどうでしょうか。

このバターコーヒー、数量限定となっています。

試してみたい方は早めにファミマへGO!

スポンサーリンク

バターコーヒーの通販情報

テレビ等で紹介されているので、人気商品となっているようです。

以下、参考にしてください。

KETOSLIM(ケトスリム)/お湯を注ぐだけ、3秒で手軽にバターコーヒーが作れる。有機オーガニックコーヒー、グラスフェッドバター、MTC由来オイル、砂糖不使用、低カロリー。とろーり濃厚となっていますね。

CHARCOAL BUBUTTER COFFEE (チャコールバターコーヒー)/アマゾンの通販サイトにあります。ノンカフェインのものもありますよ。

楽天の通販サイトにもバターコーヒーあります。種類があるのでご自分の好みに合わせて選んでみてください。

通販のものは、手軽に飲める粉末や顆粒タイプになっているみたいですね。

持ち運びには場所もとらず、自分の好きな時にも飲めるので便利そうです。

スポンサーリンク

効果について

ダイエットの効果は人それぞれです。必ず痩せる!ということではないと思いますが、このバターコーヒーを開発したデイヴ・アスプリー氏は、なんと140キロもあったそうです。

そのため、体調不良や気分が優れないなど体調に不安を抱えていたようです。ダイエットも色々試したようですが、リバウンドしてしまっていた・・・。

たまたま旅先で出合ったチベットの「バター茶」にヒントを得て、バターコーヒーを作ったことは冒頭でも紹介させていただいた通りです。

で、栄養価の高いバターコーヒーの開発に成功し、なんとご自身も50キロのダイエットに成功したそうですよ。

アメリカでは健康ブームとして流行ったわけですが、朝、このバターコーヒーを飲んでいた人達から「脳が元気になった気がする」「腹持ちがいい」「満腹感がありダイエット効果がありそう」などの声が上がり、ダイエット食品としても注目されたようです。

実際に、バターコーヒーは満腹感も感じられるし、腹持ちはいいそうです。

また、コーヒーは体にもいいですよね。

カフェインは交感神経を刺激して活性化させるので、基礎代謝がアップする。

カフェインが交換神経を刺激することで集中力のアップが期待できる。

クロロゲン酸というポリフェノールが脂肪の吸収を穏やかにして燃焼を促す効果が期待できる。

ポリフェノールの抗酸化作用によってシミやしわを防ぐ効果が期待される。

炭水化物を含まないので血糖値の上昇を抑え、また、血糖値の上昇で起こる眠気に襲われなくなる。

などのメリットや効果に期待ができるので、バターコーヒーも同じ作用があるということになりますよね。

健康やダイエットの効果には期待が持てるかもしれませんね。

スポンサーリンク

ファミマのバターコーヒー口コミ

以下は、ファミマのバターコーヒーを試した方の口コミです。

◎ブラックコーヒーにコーヒーフレッシュを入れたような感じでした。バターが入っているのに油っぽさは感じられませんでした。

◎スイートを飲んでみました。バニラの風味があり甘くて飲みやすかった。

◎流行っているので即買いしました。中には不味いものもあると聞いていましたが、普通の無糖コーヒーでした。後味はもったり。お水と一緒がいいかも。

◎200円近いことと、体に変化があったわけではないのでやめました。

バターコーヒーってどんなもの?と、初めてみる人にはとっかかりやすいかもしれません。

評価は概ねいい方かと思いました。

興味のある方は飲んでみてください。

スポンサーリンク

まとめ

ダイエットの効果については個人差があるので必ずダイエットに成功するとは言い切れませんが、これから春に向けてダイエットを考えている人は試してみてはいかがでしょう。

ただし、気を付けていただきたいことが二つあります。

ひとつは、バターコーヒーは栄養補給にもなり満腹感も得られ持続するとはいえ、栄養素をすべてカバーしているわけではないので、栄養バランスの取れた食事を心がける必要があります。

二つめは、過剰摂取すると腹痛や下痢を起こす場合があるそうです。一気に大量の摂取をするのではなく、自分の体や体調に合わせて朝食に1杯飲むようにすることをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました