スポンサーリンク

比嘉愛未「推しの王子様」原作やあらすじ、キャスト相関図についても

深田恭子さんの突然のドラマ降板で、フジテレビの木曜日夜10時からのドラマ「推しの王子様」の主演を比嘉愛未さんが演じることになりましたね。

フジテレビの木曜夜10時といえば、深田恭子さん主演による2019年の7月にスタートした「ルパンの娘」が好評で、翌2020年10月にも続編が放送され、今回は「推しの王子様」と、3年連続で深田恭子さんが主役を演じる予定でした。

5月26日に深田恭子さんの降板が突然発表されました。

6月初旬にクランクイン予定だった「推しの王子様」。代役探しは容易ではなかったと思われます。

そして、比嘉愛未さんが大抜擢されました。セリフの覚えも良く演技力も高い、そして真面目な人柄が決めてともいわれているようです。

注目されている「推しの王子様」。

その原作やあらすじ、キャストについて調べてみました。

深田恭子さんの降板に関する記事はこちらを参照してください。

スポンサーリンク

「推しの王子様」原作はある?

フジテレビの木曜10時から放送予定の「推しの王子様」。

原作はありません。

阿相クミコさんと伊達円佑さんとのコラボによるオリジナル脚本になっています。

阿相クミコさんのこれまでの作品は、

「マルモのおきて」(2011年フジテレビ)
「ヤヌスの鏡」(2019年フジテレビ)
「j後妻業」(2019年カンテレ/フジテレビ)
「マリーミー!」(2020年テレビ朝日)
「ランチ合コン探偵~恋とグルメと謎解きと」(読売テレビ/日本テレビ)ほか

一方、コントユニット「大人のカフェ」の伊達円佑(だてかずまさ)さんはネタ担当。

これまでも数々の脚本を手掛けてきたそうです。

この2人のコラボによる脚本はどんな展開をみせてくれるのでしょう。

今から楽しみですね。

スポンサーリンク

「推しの王子様」あらすじ

6月初旬からクランクインとのこと。

脚本はどこまで完成しているのでしょうか。

今わかっている範囲でのあらすじ、調べてみました。

保険会社で働く日高泉美(ひだかいずみ/比嘉愛未)は、希望も夢があるわけでもなく、退屈な日々を送っていました。

ある日、友人から日高は女性向けの恋愛ゲームの話を聞き、何となく始めたところがそのゲームにはまってしまいます。

そして、そのゲームをすることが生きがいに感じるまでに。ゲームに夢中になってしまった日高はそれまで勤めていた保険会社を辞めて恋愛ゲームを作っている会社に転職。そして、36歳の時になんと起業をします。

会社名は「ペガサス・インク」。女性向けの恋愛ゲームを作るベンチャー企業の社長として新たな人生をスタートさせます。

そして、最初に手掛けた「ラブ・マイ・ペガサス」がなんと大ヒット。カリスマ経営者とよばれるようになったのです。

華々しいスタートを切ったかと思われた「ペガサス・インク」ですが、新作発表から既に4年が経過。日高は次なる作品を発表することができず、資金調達に走り回っていました。

日高の私生活はどうかというと、「マイ・ラブ・ペガサス」に没頭するあまり、現実の恋はお預け状態。

そんな中、日高は「マイ・ラブ・ペガサス」に登場するような理想の男性「ケント様」にうりふたつの五十嵐航(いがらしこう/渡邊圭佑)に出会います。

ところが、その五十嵐はなんと借金取りから逃げまわっていて、身を隠すためにたまたま居合わせた日高を抱き寄せてしまいます。

急に抱きしめられた日高は驚きと嬉しさのあまり気を失ってしまいます。

大好きな「ケント様」そっくりな五十嵐だが、顔が似ているだけで中身は全くのダメ男。

そこで日高は五十嵐を理想の男性に育てようと自分の会社に雇い入れ、仕事、マナー、恋愛について細かく教えていくことに・・・。

スポンサーリンク

キャストの相関図について

「推しの王子様」の気になるキャストですが、主演の比嘉愛未さんと相手役の渡辺圭佑さん以外の出演者については詳細が発表になっていません。

比嘉愛未は主演が初めて、また渡辺圭佑との共演も初めてとのこと。

木曜日の夜10時の放送ですが、いつスタートになるかなどの詳細については5月31日現在、発表にはなっていません。

おおよそ7月15日?遅くても22日のスタートではないでしょうか・・・。

詳細が分かり次第追記していきます。

スポンサーリンク

まとめ

「推しの王子様」の原作やあらすじ、キャストについてみてきました。

公式HPがない中、今回は詳細をお届けすることができずにいますが、詳細が発表されたら最新情報をお届けしていきます。

オリジナルストーリーを初共演の2人がどんなふうに盛り上げていくのか楽しみですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました