スポンサーリンク

TOEIC2021申込み抽選結果の調べ方!倍率は?返金方法も

未分類

TOEICが抽選方式となり、その倍率もハンパない現状。
受験希望者にとってはとても気になりますよね。

当選メールが届かない!どうすれば確認できるの?倍率も気になる!
当選しなかった場合の返金はどうなるの?
当選したけど会場変更はできるの?

こんな声について調べてみました。

スポンサーリンク

抽選結果はいつくるの?

公開テストの抽選受付期間に申込みと受験料の払い込みを済ませた人の中から抽選をしています。これまでの流れをみると、おおよそ受付の締め切りから1週間後くらいに、申込みサイトに登録したアドレスに直接メールが入るようです。

このメールは申込者全員に当選か否かの連絡が入るシステムで、当選者にはテストのおおよそ2週間前に受験票が届くようになっているそうです。

残念ながら当選に漏れても、同日の午前・午後のいずれかに再度申込みすることはできないので注意しましょう。

確認のメールが来ない場合は、それぞれ抽選結果の案内日の15時30分以降であれば、申込みサイトから確認ができるようになっています。
手順は以下の通り。
①申込み時IDでログイン → TOEIC Listening & Readning Test の申込履歴をクリック
②自分が申し込んだテストの「申込情報」の「詳細」をクリック
③申込詳細画面の「受験地」を確認してください
当選者/申込み時の受験地表示
抽選に漏れた人/「お席をご用意できませんでした」の表示

また、気になる倍率ですが、受験者は毎月10万人を超えているよう。これまで結果の出ているもので全国平均見てみると第252回は4.3倍第253回は4.3倍、第254回は3.4倍とのことです。

スポンサーリンク

当選しなかった場合の返金は?

残念ながら抽選に漏れてしまった場合、受験料は支払い方法により以下の手続きにより返金されます。

●クレジットカードの場合

利用したクレジットの会社を通して返金されます。時期については、カード会社によって違うようです。中には2カ月以上返金まで時間がかかる場合もあるようです。

●為替受験のバウチャー申込み

次回以降に利用ができます。

●コンビニ/楽天ペイ

送金サービスの「キャッシュポスト」で返金されます。受け取りはローソンまたは銀行振り込みのいずれかで。返金案内のメールに従って指定の期間内の手続きをしてください。

●団体経由での申込

所属する団体担当者に確認してください。

スポンサーリンク

当選した場合の会場について

当選者の中には、会場に関する問合せもあるようなので、幾つかピックアップしておきます。

①会場が近くにあるのに、遠い方の会場になってしまった場合の変更について。
→同じ受験地での変更はできません。定員制による試験会の場合も同じく変更はできません。

②自宅に近い試験会場での受験について
→会場は申込み後に郵便番号や選択した受験地をもとに決定しているようです。会場は一定していないことや、申込み人数などが考慮されるため、自宅近くの会場にならないことも。

③公式サイトの「会場例」って?
会場例はあくまでも使用頻度の高い会場という意味だそうです。会場例に挙げられている学校のイベントや行事により変更があり、会場例にない会場になることもあるようです。

会場は早く申込んだ人が有利ということもありません。また、必ずしも便利な場所にあるとも限らないようです。いずれにしても、会場変更はできないということですね。

スポンサーリンク

まとめ

TOEICの公開テストは、新型コロナウィルス感染拡大防止を目的に2020年9月の定員制と10月からの抽選方式による申し込み受付が導入されました。

これにより、1回に受けられる受験生数が限られることになり、同日の午前・午後の2部制が行われていますが、受験希望者が多く倍率も高くて受験希望者にとっては厳しい状況にあります。

もしかしたら「何度も挑戦していているのに中々受験できない」なんて人もいるかもしれません。そんな方はどうか諦めずに申し込みを続けてください。
また、惜しくも抽選に漏れてしまった場合、期間内に返金の手続きをしなくてはならない場合もあるので、そういう方は忘れることなく手続きをしましょう。

コロナ禍ということもあり受験時には感染防止対策を万全に!そして、どうか落ち着いて実力が発揮できますように!

また、TOEICの日程や受験料等についてはこちらを参照してください

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました