スポンサーリンク

2021年台風10号・11号の最新米軍、WINDY、気象庁の進路予想

8月5日、台風10号(ミリネ)と11号(ニーダ)がダブルで発生しました。

5日15時に沖縄の周辺で台風10号(ミリネ)が発生しました。

また、日本のはるか東に5日15時に発生した台風11号(ニーダ)ですが、こちらについては日本への影響はないと予想されています。

まずは、安心してよさそうです。

では、気になる台風10号(ミリネ)の今後の進路について米軍、WINDY、気象庁の予想について調べました。

台風9号に関する詳細情報はこちらを参照してください。
2021年の台風の発生と進路予想についてはこちらを参照してください。

スポンサーリンク

台風10号(ミリネ)の最新米軍進路予想

●8月5日午前6時現在


JTWCより引用

熱帯低気圧・台風を示す赤い矢印が!!

TS14Wが台風10号(ミリネ)です。

TS13Wは台風9号(ルピート)です。

TS15Wは台風11号(ニーダ)です。

なんと、5日発生した台風10号と11号、その前に発生している台風9号のトリプル台風となっています!

JTWCでは5日先までの予想をみることができます。

午前6時に9を足すと日本時間になるので、5日の15時ということになります。

台風10号(ミリネ)の詳細についてはこちらを参照してください。

スポンサーリンク

WINDYの台風10号最新進路予想


WINDYより引用

気象サービスのWindyは10日先までの予測データをシミュレートすることができます。

▶のスライダーで時間を進めてみると、強い風の渦が8日(日)には関東の南海上に、大陸方面にもひとつと二つの風の渦が日本列島に近づいてくるのがわかります。

8月7日(土)ごろから沖縄地方、九州地方、西日本と雨風の影響がありそうなので、こちらの地域の方は注意してください。

熱帯低気圧だからそれほど心配ない、とはなりません。

台風との違いは「風の強さ」で、中心付近の最大風速が17.2m以上になると「台風」となります。

windyは風や雲、気温や気圧、波などのリアルタイムデータをマップ上で視覚的に見ることができるのでわかりやすいですよね。

windの見方は、赤い色が濃いほど風が強くなっています。

WINDYで台風10号(ミリネ)の詳細を確認するにはこちらから。

スポンサーリンク

気象庁の台風10号(ミリネ)最新進路予想


気象庁予想図より引用

気象庁の発表によると、沖縄本島近くの熱帯低気圧が8月5日午後3時に台風10号(ミリネ)に変わりました。

台風10号は週末にかけて西日本の南岸を北東に進むとみられています。

7日(土曜)から8日(日曜)頃には東日本に接近または上陸する可能性があるとのこと。

沖縄と奄美地方は強風や高波、大雨に注意するよう呼び掛けられています。

同地域にお住まいの方は十分な注意してください。

スポンサーリンク

まとめ

5日に発生した台風10号(ミリネ)と台風11号(ニーダ)についてまとめました。

台風11号は日本への影響はなさそうですが、10号は既に沖縄地方に影響を及ぼしています。

また、台風9号もこれから日本に近づいてくると予想されているので、進路にあたる沖縄地方はとくに注意が必要です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました